前へ
次へ

心理学で初めての国家資格が誕生

心理学に始めて、国家資格が誕生しました。
それが「公認心理師」です。
それまでは全て民間資格しかなく、国家資格は存在していませんでした。
心理学の中でも一番レベルが高い資格と言われる臨床心理士でさえも、民間資格となっていました。
公認心理師は医療関係の資格の一つとして、精神的なケアに取り組む専門家となる証です。
公認心理士の資格を取得するためには、まず大学で心理学を専攻し、指定されている単位を取得しながら卒業を目指し、卒業してからは今度、指定されている大学院へ進学しなければなりません。
大学院を修了してから試験を受け、合格することができれば公認心理師の資格を取ることができます。
資格を取ることができるようになるまで長期間の勉強が要されますが、精神的なケアに取り組む職は責任が要されるため、長い期間をかけてスキルを習得することが大切です。
取得することができれば、いろんな人から必要な存在になる立場となり、価値ある資格を持つことができるようになります。

Page Top